相続放棄

ホーム  >  サービス案内  >  相続放棄

相続放棄

相続放棄とは

相続放棄とは亡くなられた方の遺産を一切受け継がないという手続きです。この手続きはただ、「遺産はいらない」という意思表示をするだけでなく、家庭裁判所に申述して受理してもらわなければ効力がありません。しかも、相続の開始を知ってから3ヶ月以内という期間の制限がありますので、必ず専門家に依頼することをお勧めします。

相続放棄を考える理由

相続放棄とは一切の遺産を受け継がないということですから、それぞれさまざまな理由があるかと思います。当事務所で経験した相談事例をご紹介します。

  • 故人に多額の借金がある
  • 故人が連帯保証人になっている
  • 親族と揉めたくない、関わりたくない
  • 相続による負担のほうが大きい

相続放棄の期限

「被相続人の死亡及び自分が相続人であると知ったときから3ヶ月以内」に相続放棄をしなければならないという期限があります。ですから、専門家に任せ、確実に放棄ができるようにしましょう。

3ヵ月経過後の相続放棄
法律の規定では3ヵ月以内と定められていますが、例外的に3ヵ月経過後の相続放棄が認められることがあります。この例外を裁判所に認めてもらうには、なぜ、3ヵ月以内に相続放棄をできなかったのか、きちんと裁判所に説明する必要があります。重要なポイントは次の3点になります。ご参考にされてください。

  • 相続人が被相続人と没交渉であったなどの相当な理由がある
  • 相続財産の存在(特に借金)をしらなかった
  • 相続財産を処分したこともない

費用について

費用については、それぞれの相続放棄の内容や複雑さに応じて変わってきますので一概には言えませんが、基本的には次の費用がかかります。当事務所ではご依頼前に必ずお見積を提示させて頂いてからの依頼になりますので安心してご相談ください。
御見積だけの依頼でも結構です。

お客様の支払う合計額=
印紙代及び予納郵便切手+(家庭裁判所に支払う費用です)
戸籍収集にかかる戸籍交付手数料などの実費+(区役所などに支払う費用です)
司法書士の手数料  42,000~(司法書士の手続き報酬です)

096-285-6841

このページの先頭へ戻る